借り換えも検討する

33年の実績があります。不動産担保ローンを依頼する時は、長年の経営実績がある業者に依頼するようにしましょう。

借り換えは今の時代当たり前です

住宅ローンを利用している人の間では、借り換えを検討する人が増えています。アベノミクスを背景とする低金利傾向が続くなかで、今借りているよりも低金利の住宅ローンに借り換えれば、金利負担を軽減できることから、ローンが払えないというリスクが低減します。ローンが払えない状況が継続する前に、必ず借り換えを検討するようにしましょう。 大手銀行は、住宅ローン借り換えの需要を取り込もうと、独自の商品や金利の優遇策を打ち出しています。あるインターネット銀行の担当者は、「今年に入ってから、ローンを借り換えようとする人が特に増えてきた」といいます。これは、今年の2月に当初期間固定型の住宅ローン金利が最低になり、今が借り換えのチャンスだと感じた利用者が多かったのではないかと考えられています。

借り換えを検討しても払えないのが間違いならば、正直に相談しましょう

借り換えの需要が増えたのは、大手の銀行が住宅ローンの販売を強化したためです。これまでの借り換えは大手銀行よりも低金利で借りることのできるネット銀行が強みを発揮してきましたが、年初以降は、大手銀行が相次いで低金利の商品を発売し、ネット銀行への対抗策を打ち出してきました。 このように、住宅ローン金利は最低水準にあることから、「住宅ローンが払えない」と嘆く前に、借り換えを検討しましょう。必ず借り換えができると断定することはできませんが、各銀行とも前向きに相談には乗ってくれることだけは間違いありません。 ただし、借り換えても払えないのが間違いない状況であるならば、滞納が発生する前に必ず借入れしている銀行に相談するようにしてください。返済期間の延長等に応じてくれる可能性があります。